不安障害 改善

Image Replacement

不安障害を改善して人生を変えよう

不安障害の改善はあなたの人生を明るくします。人の目を気にして自分を押し殺したり、すべてを人のせいにして生きるネガティブな思考を手放してゆったりと生きる術を身につけてください。

不安神経症(不安障害)とは

k-8.gif

不安が強く、行動や心理的障害をもたらす症状を総称して不安障害と呼び、恐怖に近い不安…発汗・動悸・震えなどの心身症状があります。

神経症の原因は「抑圧」とされていて自分の心の中で受け入れられない考え方や感情を否定することから始まります。

神経症の原因はとても複雑で原因が不明だったりすることが多いのですが、実は育った家庭環境による幼少期の体験などに影響を受けている場合がかなりあり「心因性」といえます。

不安よりも恐怖を強く感じる場合は恐怖症と呼びますが、その恐怖症の原因も幼少期の体験によって行動と感情が結びついて恐怖を感じていることがあるのです。
ただ本人も忘れていて無意識の領域でしか認識していない・・・その頃の記憶はあいまいで覚えていなくても、心と体が反応する場合があります。

否定的なイメージと感情

他人の行動やある特定の出来事に対しても、常に否定的な解釈やイメージを持ち、ネガティブな感情とセットにしていませんか?

例えば子供の頃にお仕置きとして親から暗い押し入れに閉じ込められたりして怖い経験をして閉所や暗所が苦手になった人もいると思いますが、そういう経験が同じような状況に自分がおかれた時、再びフラッシュバックしてそのころと同じ恐怖を感じる場合もあると思います。

もう子供ではなくてもその頃の恐怖の体験が癒されていないため、親の自分に対する仕打ちが愛情としてでなく、虐待としてとらえて、その時の恐怖と親に対する憎しみが根底にあったりすると閉所や暗所に対する恐怖というよりも、原因となった心の傷の癒しがまず必要な場合もあります。

なにかに対する恐怖という中で一番は死に対する恐怖だと思いますが、どの恐怖症や不安であれ、常に心が否定的な感情と結びついていて、行動する前から悪い予測を勝手に立てていることが多く見られます。

前回の失敗から何かを学び取って次に生かすというならいいのですが、恐怖症や不安障害で悩む人は同じような状況に出会うと過去の失敗や不幸な出来事が再び繰り返されることを決めてかかるような態度をとっています。

同じような出来事でも毎回状況というのは変わっているにもかかわらず、やってみる前からダメだとあきらめていることもあるのです。

そして自分の心と真剣に向き合うこともなく、何故怖いのか?不安を感じるのかを冷静に分析することもなく自分の現状にあきらめに近い感情を持っています。

多くの恐怖症や不安障害で悩む人は常に物事の悪い面、否定的な面にスポットライトを当てて、別の良い面を見ようとしていないという思考傾向があります。

心の中で繰り返される否定的な思考や感情があなたの今の状態を引き寄せているとも知らずにです。

物事を多方面から見る癖をつけることも非常に大事なのです。
あなたの誤った思い込みが心に暗い影を落としているのです。

ためになる無料レポート

自分の生き方に
自信がない・・・


でもこのままで
いいんだろうか・・・


いや、いいはずがない!

自分を変えてもっと人生を楽しみたい!

そんなあなたに読んでほしいレポートです。

今なら無料で手に入れる事ができます。

>>レポートを無料で
手に入れる!<<


副作用なし!!
不眠症で悩む人や
朝スッキリ起きられない人に!

⇒■睡眠障害の改善に!
光目覚ましPER3